日焼け止めの上手な選び方レクチャー

日焼け止めの上手な選び方

 

肌に優しくて負担のかからないものが大事です。

 

 

もし日焼けに効果的な日焼け止めを買ったとしても、お肌に合わなければお肌がピリピリしたり赤くなってしまったり良くない状況になってしまうかもしれません。

 

せっかく買ったのにそんな悪影響なことになってしまったらショックですよね。

 

だからこそ日焼け止めはその人に合わせた選び方が本当に大事になってきます。

 

最近ではただの日焼け止めではなく、プラスアルファの付いた日焼け止めも販売されています。

 

例えば美肌効果のある日焼け止めも販売されていますし、ベースメイクと一体になっているものもあります。

 

BBクリームを塗るだけで一緒に紫外線対策になれば、忙しい朝にも安心ですよね。
本当に種類も多いですし、それらをうまく活用できれば紫外線も今までより少し怖くなくなるかもしれません。

 

 

ここでオススメしたいのが、シーン別に日焼け止めを使い分けるということです。

 

私は基本仕事とレジャーで分けるのをオススメしたいです。
事務職であればあんまり外に出ることはないですし、SPF値やPA値が低いものを選択します。

 

そして海とかちょっと外にいることが多い日にはSPF値やPA値が高いものをセレクトします。

 

いつもSPF値やPA値が高いものを使うのもアリかもしれませんが、お肌を休めるという意味でも使い分けが必要になってくると思います。

 

日焼け止めの上手な選び方レクチャーの秘訣はやっぱり普段用に使うものと、遊び用と分けるのが秘訣です。

 

夏には自分に合った使い分けで楽しみたいですよね。